身につく3つの能力

レクリエーション介護士で身につく3つの能力

3つの能力について

介護レクリエーションに
必要な能力を確実に習得します。

介護レクリエーションを行うにあたって必要な知識・能力を、段階的に学んでいくことで、
レクリエーション介護士としてのスキルを、確実に身につけていきます。

高齢者とスムーズに接する
コミュニケーション能力が身につく。

高齢者とスムーズに接するコミュニケーション能力が身につく。 介護の基本的な知識をはじめ、高齢期のこころと身体の変化・問題や、高齢者とコミュニケーションをとる際のポイント、知っておかないといけないルールなど、高齢者と接する上での基本的知識をバランスよく学べます。

学べるポイント
  • 高齢期のこころと身体の変化
  • 高齢者との対話術
  • 表情・声掛けの仕方
  • 高齢者の状態別コミュニケーション法

趣味・特技を活かして
高齢者の喜ぶレクが作れる。

趣味・特技を活かして高齢者の喜ぶレクが作れる。 高齢者に継続して楽しんでもらえるレクリエーションを行うには、どのようなことが必要か?という視点から、企画・計画を学びます。個別・集団・カルチャー・イベントなどさまざまなレクリエーションの種類を理解し、展開していける応用力を身につけます。

学べるポイント
  • 楽しさを引き出すレクリエーション素材
  • レクリエーション企画の立て方
  • レクリエーション企画書の書き方

自分のアイデアを企画書にして
レクリエーションが実行できる。

趣自分のアイデアを企画書にしてレクリエーションが実行できる。 自分が考えたアイデアをカタチ(企画書)にして、目的とコンセプトを明確にする力に加え、レクリエーションを実行できる力も身につけます。企画書は、レクリエーション介護士としてボランティア活動を行う際のツールとして使えたり、施設内の上司へのプレゼンなどにも役立ちます。

学べるポイント
  • レクリエーションの組み方て方
  • 実行前の心構え
  • レクリエーションの実行
  • 高齢者への安全に対する配慮や注意事項

レクリエーション企画書について

レクリエーション企画書について資格取得後、会員数5万人以上の
「介護レク広場」サイトで発表できます。

資格取得後には、介護のレクリエーションアイデアが詰まった「介護レク広場」サイトに自分の企画書をアップすることができ、実際の現場にて利用されます。また、企画書はフォーマット記入式で、第三者にもわかりやすく伝えることができます。

資料請求・お問い合わせ お電話でのお問い合わせは06-6443-3720
取得の流れ・お申込方法はこちら
今すぐ受講したい方

ページトップへ